「Virtual Desktop」に大型アプデ、遅延改善やオーバーレイなど導入

未分類
この記事は約2分で読めます。

VRヘッドセットからPCを操作できるアプリ「Virtual Desktop」に大型アップデート(v1.18)が導入。データ転送の遅延(レイテンシー)の改善やオーバーレイ機能など、様々な新要素や向上が実装されました。

「Virtual Desktop」は、いわゆる「リモートデスクトップ」のような形で、VRヘッドセットからPCを操作することができるアプリ。2016年にSteam版が配信開始、その後Oculus Go版やOculus Quest版なども配信されています。

開発者Godin氏の説明によれば、以下の要素が実装されたとのこと。

・モダンなアパートのバーチャル環境が実装。

・“ストリーミング”のタブに、パフォーマンス・オーバーレイ(フレームレートやレイテンシーを表示)オプションを実装。

・デフォルトにリセットするボタンを“ストリーミング”のタブに実装。

・「Oculus Quest 2」など、一体型VRヘッドセットにVRゲームをストリーミングしている際のレイテンシを改善(約10ms削減)

・表示されるVRレイテンシーがより正確に。またトータルの“motion-to-photon”レイテンシーを表するように変更。

・「Virtual Desktop」のマイクは今後、接続が切断された際に、オフになりません。

・「Stormland」「The Climb」「Star Wars: Squadrons (Steam)」「Hellblade」「 Rez Infinite」「Bigscreen (Steam)」「Pulsar Lost Colony」「Propagation VR」との互換性(compatibility)を修正。

Virtual Desktop Update 1.18 – 3 new environments, improved VR latency, new performance overlay in VR games, fix for Stormland, The Climb and more! from r/OculusQuest

(Godin氏が「Reddit」に投稿した“アプデ告知映像)

SteamVR対応を復活させる「Virtual Desktop」Quest版のパッチファイル、20万DL達成 | Mogura VR

SteamVR対応を復活させる「Virtual Desktop」Quest版のパッチファイル、20万DL達成 | Mogura VR

MoguraVR

「Virtual Desktop」がすでに「Quest2」に対応 90Hzでも動作可能 | Mogura VR

「Virtual Desktop」がすでに「Quest2」に対応 90Hzでも動作可能 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR

タイトルとURLをコピーしました