VR版「Myst」の発売直前に“もうひとつ”のVR版「Myst」も発売?

未分類
この記事は約2分で読めます。

名作パズルアドベンチャーゲーム「Myst」のVR(Oculus Quest / Quest2)版が、日本時間2020年12月11日に発売されます。その2日前(12月9日)に、公式版ではありませんが、“もうひとつのVR版「Myst」”こと「Ryte – The Eye of Atlantis」もSteam、Oculus StoreでPCVR向けに発売されます。

RYTE : The Eye of Atlantis - Commented Gameplay Trailer
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

「Ryte – The Eye of Atlantis」は、名作「Myst」から着想を得たと開発側自ら隠す気なしに謳うVRパズルアドベンチャーゲーム。


(タイトルロゴも「Myst」の影響を隠す気なし。)

舞台となるのは古代ギリシャの伝説の島「アトランティス」。ある事情で不当に監禁されていたアトランティスの民となり、破滅の運命に晒された文明を救うため、聖職者たちと力を合わせながら奮闘していく物語が描かれます。

ゲームの内容も行く手を阻む入り組んだパズル、仕掛けを解いていくという「Myst」を強く意識したもの。物語の分岐要素もあり、節目ごとに挟まれる決断によって、最終的な結末が変化します。

世界観及びアトランティス全体の造形も古代ギリシアの哲学者プラトンが遺した「ティオマイオス」、「クリティアス」を始め、多くの歴史的文献を元にデザイン。開発のOrichalcum Picturesいわく、「数えきれないほどの時間を費やした」とのことで、アドベンチャーゲームのファンのみならず、歴史好きの方々がこの地に足を踏み入れるその時を心待ちにしていると英メディアVRFocus向けにコメントしています。

前述通り、発売日はVR版「Myst」の2日前、日本時間2020年12月9日。対応ヘッドセットはValve Index、HTC Vive、Oculus Rift(Oculus Rift S)です。言語は英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語で日本語はサポート対象外となります。

(参考)VRFocus

タイトルとURLをコピーしました