XR開発とバーチャルキャラクター技術で国内2企業がタッグ 新たなサービス開発へ

未分類
この記事は約2分で読めます。

3Dアバター配信アプリの開発の合同会社ラペットテクノロジーズとXR(VR/AR/MR)開発の株式会社Mark-onは、業務提携を締結したことを発表しました。両社は各社が保有する知識や技術を活用し、新しいサービス開発やユーザー体験を目指します。

ラペットテクノロジーズはVTuber向け配信アプリ「Luppet」を開発しているスタートアップです。代表はねぎぽよしで知られる根岸匠(@CST_negi)氏。同社の提携先となるMark-onは、2020年3月に設立したXRアプリ開発や販売を行うスタートアップで、これまでにVRテニスゲーム「Reflect-on」を開発しています。代表は檜山正樹(@JackMasaki)氏。

お互いの強みを活かす提携

今回の業務提携により、ラペットテクノロジーズはMark-onが持つアプリ開発に関する知識とUI/UXデザインを反映した提案などを活用し、提供サービスの拡充。Mark-onはラペットテクノロジーズの「バーチャルキャラクターが日常に溶け込む世界を作る」というミッションに新しい体験価値を付加し、新しいサービスの展開を目指す、とのことです。

XR関連の取組を推進している企業同士の提携やコラボレーションの取組には、MoguraとUNIVRSの「VRxBiz」や、Synamonとクリーク・アンド・リバーの提携など様々な事例が生まれています。

(参考)株式会社Mark-on プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました