バーチャル東京国立博物館が開設 「時をかける少女」特別展を開催

未分類
この記事は約3分で読めます。

12月19日(土)より、バーチャル空間に「バーチャル東京国立博物館」(バーチャルトーハク)が開設され、アニメーション映画時をかける少女の特別展「アノニマス ―逸名の名画―」が開催されます。

本展覧会は東京国立博物館の一部を「バーチャルトーハク」として、バーチャルSNSclusterのバーチャル空間内にCGで再現。空間内に特別展「アノニマス ―逸名の名画―」が出現し、自由に歩き回り作品を鑑賞することができます。

特別展では「時をかける少女」のストーリーで重要な意味を持つ、映画内でしか実存しない美術作品「白梅ニ椿菊図」を展示。また東京国立博物館の松嶋雅人研究員の監修のもと、国宝「孔雀明王像」や「玄奘三蔵像」(東京国立博物館蔵)など、作者が不明とされながらも名品として脈々と受け継がれてきた作品も展示されます。


「白梅ニ椿菊図」


「孔雀明王像」(東京国立博物館蔵)


「玄奘三蔵像」(東京国立博物館蔵)

また、公開前日の12月18日(金)には本展覧会公開記念として、バーチャル特別展の会場内にてトークイベント「時をかける日本美術」を開催。スタジオ地図の細田守監督と松嶋研究員がclusterアバターで登場し、「時をかける少女」をはじめとする現代アニメーションと日本美術の関係についてトークセッションを行います。


(左)細田守氏 (右)松嶋雅人氏

イベント概要

バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」

主催

東京国立博物館、文化財活用センター、凸版印刷株式会社

特別協力

スタジオ地図

会場

バーチャルトーハク 特別展示室 (cluster内)

期間

2020年12月19日(土)~2021年2月28日(日)

入場料

290円(税込)
*購入方法によって価格が変動します。詳細はイベント特設サイトにて。

特設サイト

バーチャル特別展「アノニマス - 逸名の名画 -」
細田守監督の作品、映画『時をかける少女』の作中シーンのために企画された、現実では実現できない展覧会を、clusterに開設されたバーチャルトーハク にて20年12月18日より初公開。

*本企画は文化庁「文化芸術収益力強化事業」の採択事業です。

公開記念イベント細田守×松嶋雅人「時をかける日本美術」

主催

東京国立博物館、文化財活用センター、凸版印刷株式会社

特別協力

スタジオ地図

会場

バーチャルトーハク 大階段&特別展示室(cluster内)

日時

2020年12月18日(金) 19:00~20:30
*通信状況により時間が変更になる場合があります。

料金

1,100円(税込)
*購入方法によって価格が変動します。詳細はイベント特設サイトにて。
*バーチャル特別展「アノニマス」のガイドツアーも実施を予定されています。

チケット発売日

2020年11月18日(水)15:00より販売開始

チケット購入方法

インターネット販売
*購入方法はイベント特設サイトにて。

定員

5,000名(予定数に達し次第、販売終了)

イベント特設サイト

バーチャル特別展「アノニマス - 逸名の名画 -」
細田守監督の作品、映画『時をかける少女』の作中シーンのために企画された、現実では実現できない展覧会を、clusterに開設されたバーチャルトーハク にて20年12月18日より初公開。

(参考)凸版印刷株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました