「ポケモンGO」2020年は過去最高収益か 新型コロナ対策が功を奏す

未分類
この記事は約2分で読めます。

調査会社Sensor Towerは、スマートフォン向けARゲーム「ポケモンGO」の2020年度の収益が1月から10月までの時点で10億ドル(約1,043億円)に達したと報じました。

今回確認された収益を加えることで、「ポケモンGO」の累計課金額は約42億ドル(約4,381億円)に達しました。Sensor Towerによれば、2019年度と比較すると、プレイヤの課金額は現時点で、すでに前年比30%増を超えてしており、2019年全体と比較しても11%上回っているとのこと。

「ポケモンGO」が2020年、大きく成長した背景には、現在も流行を続けている新型コロナウイルスの影響が大きいとSensor Towerは説明しています。(最初の)ロックダウン期間中に導入された各種変更は、自宅でも本作を楽しむことを可能にしました。

現時点では、「ポケモンGO」は、サードパーティのAndroidストアを除くと、「PUBG Mobile」と「 Honor of Kings」に続く形で、3位の収益を達成しています。この結果は、ロックダウンなどの措置が、本作の成功を阻害しなかったことを示していると、Sensor Towerは説明しています。

国別の収益では、アメリカが、全体の36.3%にあたる15億ドル(約1,565億円)を記録。日本は2位で、全体の31.3%を占めています(収益は13億ドル(約1,356億円))。ストア別では、Google Playが22億ドル以上(約2,295億円)で全体の53.4%。App Storeは19億ドル(約1,982億円)で46.6%となっています。

「ポケモンGO」の2019年課金総額は約980億円、米調査会社が報告 | Mogura VR

「ポケモンGO」の2019年課金総額は約980億円、米調査会社が報告 | Mogura VR

MoguraVR

ポケモンGO、1月の月間収益が約75億円を超える | Mogura VR

ポケモンGO、1月の月間収益が約75億円を超える | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Sensor Tower

タイトルとURLをコピーしました