HTCのリモートワーク支援バンドル「VIVE XR Suite」がリリース

未分類
この記事は約3分で読めます。

HTCは、企業向けのアプリバンドルVIVE XR Suiteをリリースしました。リモートワークやコラボレーション支援に役立つ、5つのアプリがセットになっており、ビジネス用途での導入を促します。

一度のサインインで5つのツールへ

「VIVE XR Suite」は、エンタープライズ向けのVRアプリケーションのバンドルです。ユーザーは一度サインインするだけで、下記5つのアプリを利用できます。

・VIVE Sync
利用するアプリ:VIVE Sync
用途:ミーティング

・VIVE Campus
利用するアプリ:VirBELA
用途:バーチャルオフィス

・VIVE Sessions
利用するアプリ:ENGAGE
用途:講義
・VIVE Social
利用するアプリ:VRChat
用途:SNS

・VIVE Museum
利用するアプリ:Museum of Other Realities
用途:展示

無料機能が使えるバージョンの他、1アカウント当たり30ドル/月(年払いの場合は250ドル/年)からの定額利用プランも。またHTCによれば、複数アカウントを保有できるエンタープライズライセンスも用意されているとのこと。こちらの価格は要問合せとなっています。

Enabling What's Next: Vive XR Suite Launch Event
The layout of virtual reality technology is becoming mature as technology and industry are developing vigorously, it has expanded human perception and change...

アプリ内容には重複も

複数アプリの一括導入をメインに打ち出している「VIVE XR Suite」ですが、その内容には疑問符もあります。

一例を挙げると、アプリ間の機能にはかなり重複が見られます。2020年10月時点の公式Webサイトでも、「教育用途はVIVE Sync、VIVE Campus、VIVE Sessions」と複数のアプリを並べており、アプリと用途が一対一対応していません。確かにそれぞれが「教育用にも使える」ことは間違いないのですが、バンドルする意味合いがやや薄く感じるケースも多々ありそうです。

これについて、米メディアUploadVRは、「現状の『VIVE XR Suite』はまだ初期段階であるように思われる。我々は『VIVE XR Suite』から、個別アプリの総和以上の効果が得られる日を待つ必要がある」としています。

フェイスブックは"VRリモートワーク"の拡充に着手した | Mogura VR

フェイスブックは"VRリモートワーク"の拡充に着手した | Mogura VR

MoguraVR

"人の眼レベルのVR"のVarjoがリモートワーク支援へ。VRコラボツール企業と提携 | Mogura VR

"人の眼レベルのVR"のVarjoがリモートワーク支援へ。VRコラボツール企業と提携 | Mogura VR

MoguraVR

最大50人同時作業、VR/ARリモートワーク支援の「Spatial」Oculus Questに対応 | Mogura VR

最大50人同時作業、VR/ARリモートワーク支援の「Spatial」Oculus Questに対応 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR
Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました