アマゾン、宅配ダンボールで遊べるARアプリをリリース 日本は対象外

未分類
この記事は約2分で読めます。

アマゾンは、同社の宅配ダンボール表面のQRコードと連動する、スマートフォン向けARアプリ「Amazon Augmented Reality」(iOSAndroid)をリリースしました。ダウンロードは無料です。

※記事執筆時点では、日本国内ではダウンロードができませんでした。

「Amazon Augmented Reality」は、QRコードが描かれたダンボールと連携することで、様々なARエフェクトを発生させるアプリ。公開された画像や映像からは、側面に描かれたカボチャにラクガキすることで、その絵が飛び出したり、女性が座るダンボールが、端末側では、車として表示されている様子などが確認できます。

ローンチ時には、カボチャを“AR化”する機能のみ利用可能です。ARになったカボチャは、さらにデコレーションすることが可能。なお、カボチャのAR化は、絵を描いた後QRコードをスキャンすることで行えます。

アマゾンは本アプリを、「箱をリサイクルのために捨てるまでに楽しめる機能」と説明。発表によれば、TrueDepth対応iPhoneでは、利用者の顔の動きをトラッキングするとのこと。

2020年10月17日現在、「Amazon Augmented Reality」に対応する宅配ダンボールが、実際に流通しているのかは明らかになっていません。日本国内で“専用ダンボール”を用いた配送が行われるかも不明です。

Try a spooktaculAR experience this Halloween
Amazon boxes now deliver more than just your stuff. Introducing Amazon’s first augmented reality experience using the new Amazon AR player app. Download the ...

アマゾンは2020年10月13日から10月14日にかけて、大規模セール、Amazon プライムデーを実施。今回の「Amazon Augmented Reality」のリリースは、大量のダンボールが使用されることを見越した決定なのかもしれません。

アマゾンが「Room Decorator」を提供開始、ARで複数家具の試し置き | Mogura VR

アマゾンが「Room Decorator」を提供開始、ARで複数家具の試し置き | Mogura VR

MoguraVR

アマゾン、新型コロナ対策にAR活用 オープンソース化も予定 | Mogura VR

アマゾン、新型コロナ対策にAR活用 オープンソース化も予定 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)TechCrunch

タイトルとURLをコピーしました