OBSやVRChat対応のボイスチェンジャーアプリ 日本語版リリース

未分類
この記事は約2分で読めます。

ボイスチェンジャー・サウンドボード アプリ「Voicemod」の日本語対応版が正式リリースされました。ライブ配信ソフト「OBS Studio」や、VRプラットフォーム「VRChat」にも対応しており、専用の仮想サウンドカードやサウンドミキサー不要でボイスチェンジ機能を使えます。

Voicemod」はゲーム配信やボイスチャットオンライン会議などで使えるデスクトップアプリ。すでに海外ではストリーマーの間で活用されています。ボイスフィルターは80種類以上で、カスタマイズ可能なボイスチェンジャー機能や、効果音を再生できるサウンドボード機能なども利用可能です。

今回リリースされた日本ユーザー向けの「Voicemod」は、日本語インターフェースと新機能のアップデートを備えた最新バージョン。ウェブサイトから無料ダウンロードで利用できるほか、すべての機能が利用できる有料プランも用意しています。

「Voicemod アプリ」の概要

主な機能

・80種類以上の豊富なボイスフィルター
・カスタマイズ可能なボイスチェンジャー機能
・効果音を再生できるサウンドボード機能
・サウンドミキサー内臓でアプリに直接接続が可能

主な対応アプリケーション

Zoom、Google Meet、Skype、Discord、Twitch、Skype、OBS、XSplit、TeamSpeak、VRChat、Elgato Stream Deck、その他PCオンラインゲーム、アプリ各種

料金

基本無料
PRO(有料プラン)
・3ヶ月プラン / 1,650円(税込)
・12ヶ月プラン / 3,600円(税込)
・永久ライセンス / 10,000円(税込)

ダウンロード

サウンドミキサー不要ですぐに使える簡単ボイスチェンジャーアプリ - Voicemod
ゲーム配信やボイスチャット、オンライン会議で声を変幻自在に。豊富な効果音を再生して楽しもう!Discord、Skype、OBS、Twitchなどのアプリはもちろん、オンラインゲームでのボイスチャットやZoomやGoogle Meetなどのオンライン会議アプリでも簡単に声を変えることができます。

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました