VRにも対応、海外の大人気ゲームプラットフォーム「Roblox」株式公開を検討中か?

未分類
この記事は約2分で読めます。

オンラインゲームプラットフォーム「Roblox」が、複数の投資銀行と協働して、2021年前半頃の株式公開を計画していることが判明しました。

月間ユーザー数は1億人以上、株式公開を予定か

「Roblox」は、ユーザーが制作したゲームを多人数で遊べるオンラインゲームプラットフォーム。iOS、Android、Windows、MacOSなどでプレイできるほか、「Roblox VR」としてHTC VIVEやOculus Riftにも対応しています。Roblox社は、月間アクティブユーザー数は1億1,500万人に達していると報告しています。

海外メディアCNBCによれば、計画されている株式公開が行われることで、「Roblox」の企業価値評価は、現在の40億ドル(約4,200億円)の2倍になる可能性があるとのこと。同メディアにコメントした関係筋は、現時点では、株式公開の方法(通常のIPOか、ダイレクトリスティングか)は決定していないと説明しています。

なお、2020年10月現在、今回報じられた株式公開について、Roblox社からの正式な発表は行われていません。

「Roblox」でバーチャルコンサートが開催。VR対応のオンラインゲーミングプラットフォーム | Mogura VR

「Roblox」でバーチャルコンサートが開催。VR対応のオンラインゲーミングプラットフォーム | Mogura VR

MoguraVR

VR対応のオンラインゲームプラットフォーム「Roblox」1億5000万ドルを調達 | Mogura VR

VR対応のオンラインゲームプラットフォーム「Roblox」1億5000万ドルを調達 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)CNBC

タイトルとURLをコピーしました