AR音楽アプリ「AIrShow」が買収、他分野にも活用予定

未分類
この記事は約2分で読めます。

3D/ARキャプチャーアプリ「ARitize360」などを手掛けるNexTech AR Solutions(以下NexTech)は、AR音楽アプリ「AIrShow」の買収を発表しました。買収額は30万ドル(約3,100万円)。内訳は、50%が現金、残りは50%は、NexTechのリストリクテッド・ストック、または通常株37,500株です。

AIrShow」は、アメリカのAR関連企業TRICK 3Dが開発していたスマートフォン向けアプリ。音楽アーティストをARで表示し、部屋の中などでパフォーマンスを楽しむことができます。対応デバイスはiOSとAndroidです。

今回の買収では、「AIrShow」アプリ本体のほか、AIコードや4人のARデベロッパーで構成される開発チームがNexTechに吸収されました。同社によれば、同アプリは音楽分野だけではなく、バーチャルイベントプラットフォーム「InfernoAR」や、AReコマースビジネスとも組み合わせて使用する予定とのことです。

AR企業NexTechが在宅勤務向けソフトのJolokiaを買収、コロナの影響で需要高まる | Mogura VR

AR企業NexTechが在宅勤務向けソフトのJolokiaを買収、コロナの影響で需要高まる | Mogura VR

MoguraVR

VRによる疼痛軽減やがん研究、ARで大麻の医学的な情報提供 – 起業家医師から見た医療×VRのいま | Mogura VR

VRによる疼痛軽減やがん研究、ARで大麻の医学的な情報提供 – 起業家医師から見た医療×VRのいま | Mogura VR

MoguraVR

(参考)GlobeNewswire

タイトルとURLをコピーしました