NTTドコモとHoloeyesが医療分野で業務提携、MRで理解深める

未分類
この記事は約1分で読めます。

株式会社NTTドコモとHoloeyes株式会社は、医療分野における業務提携を行いました。両社はHoloeyes社が提供する医療用画像表示サービス「Holoeyes MD」と、ドコモが販売するMRデバイス「Magic Leap 1」を医療機関向けにHoloeyes販売パートナーを介して提供します。

患者のCTやMRIのデータを空間に再現、医療関係者の理解を深める

「Holoeyes MD」は、患者のCT・MRI検査で得られた3Dデータを、VR/AR/MR(XR)として表示・共有できる医療用画像処理ソフトウェアサービスです。奥行き感のない平面モニター画面では、立体的な空間の理解が難しいですが、医療データを空間に再現することで、立体的に体験できます。

「Holoeyes MD」と「Magic Leap 1」を組み合わせて利用することにより、医療従事者は人体のCT・MRI検査などで得られた3DデータをMagic Leap 1を通して立体空間で確認できます。

両社は、本業務提携を通じて医師同士・医師と患者・メディカルスタッフ・医学生間のコミュニケーション活性化や医療情報格差、地域医療格差といった課題の解決を目指します。

(参考)Holoeyes株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました