ARで企業や自治体の魅力を発信 ブラウザで手軽に体験できる新サービス

未分類
この記事は約1分で読めます。

ARを活用したプロモーションサービス「AR×PR」がリリースされました。本サービスは合同会社イーストタイムズジャパン・パートナーシップホールディングス株式会社が提供を実施。両社は企業や自治体の新しいプロモーションの目指します。

「AR×PR」は、文章や写真、動画では伝えきれなかった魅力をARで表現し、人やモノを映像として動かしたり、音で伝えたりすることで、そのコンテンツの魅力を提供する、というもの。コンテンツ化から企画、制作、プロモーションまで一貫して実施するサービスです。AR機能はWebARを採用し、スマートフォンのブラウザだけでARコンテンツを利用できます。

本サービスは企業や自治体において観光や施設、店頭での活用が想定されています。たとえば、駅貼りの観光PRのポスターにスマホをかざすことで、動く風景や音を表現して現場の情景を伝えることや、画面上にガイドやリンクを表示して観光案内や商品購入の導線を作るなどが可能です。

(参考)合同会社イーストタイムズ プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました