「バーチャルキャスト」 Oculus Quest対応 PCなしで参加可能に

未分類
この記事は約2分で読めます。

10月13日(火)より、VRライブ・コミュニケーションサービスバーチャルキャストが、VRヘッドセット「Oculus Quest」および「Oculus Quest 2」に対応します。

バーチャルキャストは、バーチャルキャラクターになったユーザー同士が、VR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。

これまでPCおよびPC用VR機器でのみプレイ可能でしたが、今回スタンドアロン型のVRヘッドセット「Oculus Quest 2」の発売日に合わせ、Oculus QuestとOculus Quest 2にも対応したとのこと。これにより、PCを介さずにバーチャル空間に参加できるようになります。

Quest版ではPC VR版に比べ、自作キャラクターやアイテム連携などの一部機能が制限されますが、今後のバージョンアップによって順次機能を追加していく予定とのこと。キャラクターやアイテム、公式スタジオが複数用意され、背景を変更できるマイスタジオでは、Oculus Questの配信機能を利用してFacebookへのストリーミング配信を行えます(他のユーザーのマイスタジオに凸することはできません)。

Quest版の配信先はこちら

また10月7日(水)20:30放送の「Vキャスちゃんねる」では、ゲストにバーチャルキャスト Oculus開発責任者のMIRO氏を招き、今回の対応についてのロードマップや開発秘話を公開するとのこと。ニコニコの放送ページはこちら

(参考)バーチャルキャスト 公式ブログ

タイトルとURLをコピーしました