オープンキャンパスで「VR授業」、近畿大学らが産学連携

未分類
この記事は約1分で読めます。

近畿大学のWEBオープンキャンパス「CLOSE CAMPUS」にて、VR空間を用いたオンラインコンテンツが公開されました。ユーザーは“VR教室”で、アバターを通して授業を体験できます。

本取り組みは、近畿大学総合社会学部の准教授の岡本健研究室、株式会社増進堂・受験研究社株式会社テンアップによる産学連携プロジェクトによるものです。コロナ禍における新しいオンライン授業を共同で開発します。

新型コロナウイルス対策に、オンライン授業とVRを活用

岡本健研究室、増進堂・受験研究社、テンアップは近畿大学が推進する「”オール近大”新型コロナウイルス感染症対策支援プロジェクト」の一環として、VR空間を用いた授業コンテンツおよびイベントの企画・制作に取り組んでいます

本プロジェクトではテンアップが開発する360度画像を利用したオンライン授業ツール 「VRschool」 を活用。今回公開するコンテンツでは、近畿大学の実学教育拠点である「アカデミックシアター」をVR空間で紹介されています。特設ページはこちら

(参考)株式会社増進堂・受験研究社学校法人近畿大学プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました