360度VRによる新たなアート体験「WHIST」横浜・高知で日本初公演

未分類
この記事は約2分で読めます。

フィジカルシアターカンパニーAΦE(エーイー)による、360度VRアート体験「WHIST(ウィスト)」が、10月に横浜赤レンガ倉庫1号館、11月に高知県立美術館で開催されます。

WHIST(ウィスト)」は、2017年4月にイギリスのグルベンキアン劇場にて世界初演されました。以来、9か国・20の劇場やフェスティバルで上演されています。

精神科医フロイトと歌人・劇作家の寺山修司からインスパイアされた作品で、参加者がVRゴーグルとヘッドフォンを装着した状態で、架空の家族による悪夢と恐怖と欲望の物語を視聴します。

映像は全部で16種類のシーンから構成され、1回の上演で見られるのはその内最大13シーン。計76通りの映像の内、どれを視聴できるかは参加者の視線の動きで決まります。映像のどこに注目するのかといった「無意識」の選択と「本能」によって、参加者一人ひとり違った物語が展開されるとのことです。映像体験をした後には、フロイト博物館所属の専門家による心理分析結果を受け取ることができます。

AΦE『WHIST』(エーイー 『ウィスト』) 横浜・高知公演
360度のバーチャルリアリティーが⽣み出す新しいアート体験 イギリス在住の中村葵とエステバン・フォルミによって設⽴されたフィジカルシアターカンパニーAΦE(エーイー) 横浜⾚レンガ倉庫号館と⾼知県⽴美術館で待望の⽇本初演! 架空の家族、恐怖、欲望、悪夢…76通りの映像からあなた⾃⾝の「無意識」が導く物語 横浜公演...

横浜赤レンガ倉庫1号館の開催概要

日時

2020年11月7日(土)~15日(日)9日間 ※1日6回公演 全54回公演
開演10:00・11:00・13:00・14:00・15:00:16:00

会場

横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース(横浜市中区新港1-1-1)

チケット

1,000円(日時指定・要予約)
※当日券は定員に余裕がある場合のみ販売します

取り扱い

Peatixにて発売
https://whist-yokohama.peatix.com

定員

1公演につき10名まで

高知県立美術館 県民ギャラリーの開催概要

日時

2020年11月7日(土)~15日(日)9日間 ※1日6回公演 全54回公演
開演10:00・11:00・13:00・14:00・15:00:16:00

会場

高知県立美術館 県民ギャラリー

チケット

1,500円(日時指定・要予約)
※当日券は定員に余裕がある場合のみ販売します。

取り扱い

10月9日(金) Peatixにて発売予定
https://whist-kochi.peatix.com

定員

1公演につき10名まで

(参考)プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました