渋谷区公認「バーチャル渋谷」でバーチャルハロウィーン開催

未分類
この記事は約2分で読めます。

10月26日(月)~10月31日(土)の期間中に、渋谷区公認「バーチャル渋谷」にてバーチャルハロウィーンフェスが開催されます。参加はバーチャルSNScluster(クラスター)から利用できます。

9月25日(金)時点で発表されている情報によると、期間中は仮想したアバターで自由にバーチャル渋谷内を散策ができるとのこと。ほかにも「BiSH」によるオンラインライブや、吉本お笑い芸人「和牛」によるホログラムを活用したお笑いライブなどが実施されます。

今後、場所にとらわれないバーチャルならではの次世代のハロウィーンイベントとして、「#StayVirtual」をキーワードに順次情報を公開していくそうです。

長谷部健渋谷区長は、今回の取り組みについて次のコメントを発表しています。

「例年、渋谷の街にはハロウィーンを目的に多くの来街者が訪れます。ただ、大変残念ではありますが、違法行為やマナーの逸脱が見受けられるほか、今年は新型コロナウイルスの感染拡大への警戒も必要です。そのような中、今年は、『バーチャル渋谷』においてハロウィーンを楽しんでいただけるよう準備を進めてきました。渋谷の街を具現化し、ハロウィーンイベントや路上における鑑賞イベントなど多様なアクティビティを通じて、バーチャル上でさまざまな人が行き交い、『渋谷』という街や文化と触れ合える、渋谷らしい新たな形でカルチャーを発信していきます。今年のハロウィーンは、渋谷の街への来街をどうかお控えいただくとともに、街の新たな取り組みである『バーチャル渋谷 au 5Gハロウィーンフェス』にてぜひお楽しみください。」

10月9日からバーチャル渋谷で「ネトフリシネマ」が開始

10月9日(金)からはハロウィーンに先立ち、バーチャル渋谷内で「ネトフリシネマ」がスタートします。Netflixの映画館がバーチャル渋谷のスクランブル交差点の中心に出現し、オリジナルアニメシリーズ4作品を週替わりで特別上映する予定です。

バーチャル空間を着飾ったアバターで過ごしつつ、友人や知人とチャットで交流しながら映画作品を楽しめます。作品のタイトルや上映日などの詳細は後日発表予定です。

(参考)渋谷5G公式サイト

タイトルとURLをコピーしました