KDDIら、5GとARで文化財の新たな鑑賞体験を提案

未分類
この記事は約2分で読めます。

KDDI株式会社と東京国立博物館文化財活用センターは、5GやARを活用して文化財の保護に加えて新たな鑑賞体験を提案する共同研究プロジェクトを発足しました

本プロジェクトの第1弾として、「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」を、東京の法隆寺宝物館にて9月29日から10月25日の期間中、開催します。

本コンテンツは、1面あたり18億画素の画像と5GやAR技術を組み合わせることで、奈良・法隆寺の東院伽藍に位置する絵殿の内壁にはめこまれていた東京国立博物館所蔵の国宝「聖徳太子絵伝」の魅力の新たな鑑賞体験を提供します。

鑑賞にはARグラス「NrealLight」を「魔法のグラス」として使用します。会場に設置されている原寸大の「絵伝」複製画パネルの前で魔法のグラスをかけると、聖徳太子の生涯をたどる代表的な15のエピソードについて、アニメーションや解説が鑑賞可能できます。アニメーションに使われているイラストは、東京国立博物館の研究員が監修しています。

また、5G対応のスマートフォンを「魔法のルーペ」として複製画パネルにかざすと、58のエピソードを解説とナレーションにより「絵伝」をさらに深く知ることが可能、とのこと。

なお、新型コロナウイルスの影響により、会場への来場が難しい人に向けに、自宅で「聖徳太子絵伝」を鑑賞できる「国宝『聖徳太子絵伝』 AR at HOME」や、会場をバーチャル体験できる「国宝『聖徳太子絵伝』3Dビュー/VR at HOME」も提供されます。

(参考)KDDI株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました