東京国立博物館 ARで聖徳太子の生涯をたどる企画展を開催

未分類
この記事は約2分で読めます。

9月29日(火)より、東京国立博物館で「5G で文化財 国宝『聖徳太子絵伝』AR でたどる聖徳太子の生涯」が開催されます。高速通信の5GやARなどの技術を活用し、文化財を保護しつつ魅力を引き出した鑑賞体験が得られるとのこと。

本会場には「聖徳太子絵伝」複製画パネルが、法隆寺の展示と同様にコの字型に設置されています。「魔法のグラス」と題し、貸与される「NrealLight」を着用して複製画を見ると、絵にある15のエピソードの開設とともに復元された図像のアニメーションを視聴できます。

さらに「魔法のルーペ」として、5Gスマートフォンを複製画パネルにかざすと、その部分の高精細画像が表示。解説ナレーションを聴きながら、肉眼では確認できない細かいディテールをAR技術で視認できるそうです。

「聖徳太子絵伝」は東京国立博物館に所蔵されていますが、長い年月を経て、展示ケース越しでは細かい描写を鑑賞することが難しい状態。また作品保存の観点から年に1カ月ほどの限られた期間のみ展示されるため、貴重な企画展となるようです。

なお会場で展示会を体験するには、東京国立博物館 総合文化展観覧券と、コンテンツ体験の双方で、オンラインによる、日時指定券の予約が必要です。詳細は展示のウェブサイトに記載されています。

「5Gで文化財 国宝『聖徳太子絵伝』ARでたどる聖徳太子の生涯」の概要

会期

2020年9月29日〜10月25日

会場

東京国立博物館 法隆寺宝物館

住所

東京都台東区上野公園13−9

電話番号

03-5777-8600

開館機関

9:30〜17:00(金、土〜21:00)

休館日

10月5日、12日、19日

料金

一般 1000円 / 大学生 500円

公式予約サイト

5Gで文化財 国宝 聖徳太子絵伝 ARでたどる聖徳太子の生涯
2020年9月29日(火)〜10月25日(日) 東京国立博物館 法隆寺宝物館

(参考)プレスリリース、公式サイト

タイトルとURLをコピーしました