LiDAR搭載iPad Proで現実世界の物をコピペできるARアプリ登場

未分類
この記事は約1分で読めます。

LiDAR」を搭載したiPad Proで、現実世界の物体をARにコピー&ペーストできるアプリ「AR COPY & PASTE」が配信開始されました。

本アプリでは、新型iPad Proに搭載されたLiDARスキャナで取得した空間のメッシュデータを元に、3Dデータを作成。コピーした3DデータをARで現実空間に配置できる、技術デモンストレーションアプリです。

まず表示された円の内の物を3Dデータ化。円の大きさはスライダーで変更でき、 3Dデータの不要な部分はなぞって削除できます。保存済みの3Dデータの利用も可能です。

アプリはiPad Pro 11インチ 第2世代およびiPad Pro 12.9インチ 第4世代に対応し、無料で利用可能。また企画元の株式会社無重力は、本アプリをもとに子供の成長記録サービスを開発しており、2020年冬に配信を予定しています。

「AR COPY & PASTE」配信先はこちら
子供の成長記録サービスの事前登録受付はこちら

(参考)株式会社無重力 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました