フェイスブック「Venues」ベータテスト枠が拡張か、「Facebook Connect」も視聴可能

未分類
この記事は約2分で読めます。

フェイスブックは、VR映像プラットフォーム「Venues」のベータテスト参加枠拡張を発表しました。9月16日(※アメリカ太平洋時間)から開催される年次開発者会議「Facebook Connect」も視聴可能になるとのこと。

「Venues」は2018年にリリースされた、VRで他のユーザーと同時に映像を視聴できるプラットフォーム。当初はOculus GoとGear VR向けアプリとなっていましたが、双方ともすでに販売を終了、現在はOculus Questから利用できます。

フェイスブックが9月10日に更新したOculus Blogによれば、「Venuesのベータテストをさらに多くの人に拡大する」とのこと。Facebook Connectの開催についても記載されており、「オンラインカンファレンスをVenuesで視聴可能です」と記載されています。

なお、2020年9月16日午後時点では、Oculus Storeの「Venues」アプリページでは未だ「limited release」と記載されています。

“セーフゾーン”も実装

テスト枠拡張と同時に、「Venues」にはメニューから入室できる“パーソナルセーフゾーン”が導入されました。周辺の状況やユーザーをミュートしたり、ブロックや通報が行えるゾーンを設定します。この機能について、フェイスブックは「専門家による安全性向上のため、アバターを使用せずに状況を観察・記録することがあります」と説明しています。

「Oculus Venues」の新バージョンがテスト中、ソーシャル要素を強化 | Mogura VR

「Oculus Venues」の新バージョンがテスト中、ソーシャル要素を強化 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRFocusOculus Blog

Mogura VRはVRFocusのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました