「遠隔での対面接客」実現、JALとパナソニックがアバター活用で実証実験

未分類
この記事は約1分で読めます。

日本航空株式会社(JAL)とパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社は、アバター式リモート案内サービスの実証実験を開始します。遠隔地にいる係員がディスプレイ上のアバターを通し、出発ロビーや搭乗口で利用客へ案内を行います。

本実験は羽田空港第1旅客ターミナルビル内JAL国内線搭乗口の一部、航空券予約・購入・変更カウンター(40番)にて4台の運用を実施。実施期間は2020年9月14日(月)~9月25日(金)です。

「遠隔での対面接客」を実現

このディスプレイに表示されるアバターは、操作している係員の表情を認識・反映するため、離れている場所からでも対面に近い案内や接客が可能です。アバターによる接客、係員の案内時の動作や搭乗順パネルの提示を組み合わせることで、より分かりやすい案内を目指します。

なお、今回使用されるパナソニックのアバターサービスでは、アバターを利用しない間は広告やお知らせなど、設置したエリアに適したコンテンツの配信や、既存サービスと連携することも可能とのこと。本サービスは今年度中の商用化を予定しています。

(参考)日本航空株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました