新聞とARを組み合わせたアイデア募集 第2回「日経ARアワード」開催

未分類
この記事は約3分で読めます。

9月10日(木)から日本経済新聞社が、第2回「日経ARアワード」を開催します。新聞とARを組み合わせた表現のアイデアを募集する企画です。応募は10月27日(火)まで公式サイトで受け付け、2月にグランプリおよび協賛社賞を紙面・ウェブサイトで発表されます。

日経ARアワード」は新聞広告に3D映像や動画、音楽などARコンテンツを組み合わせ、新聞広告の概念を超えた斬新なアイデアを募集するというもの。協賛社のコマツ、テレビ東京、マイナビ、日本経済新聞社それぞれで課題が用意され、その中から1つを選び、応募します。

実際の新聞広告やARコンテンツを制作する必要はなく、アイデアをスライドにまとめれば応募可能。なおアイデアは複数投稿可能で、個人だけでなくグループでの応募も受け付けています。

寄せられたアイデアの中から「グランプリ」(1名)と、「協賛社賞」(4名)が選ばれ表彰。「グランプリ」は賞金30万円、協賛社賞は各10万円が贈呈されます。

日経AR」は紙面で掲載しきれない情報を映像や音楽を通じて、発信するために開発されたARアプリです。対応するマーカーが印刷された新聞紙などにアプリをかざし、スキャンすると記事に対応した映像や音楽の視聴や、情報のシェアに活用できます。

前回グランプリに選ばれたのは、大塚佑治氏(電通アドギア)の「家族時間が、生まれる家」。家族との時間を楽しめる季節行事をARで表現したものでした。前回の受賞作の詳細はこちら

日経新聞の「新聞×AR」アイデアコンテスト、グランプリが発表 | Mogura VR

日経新聞の「新聞×AR」アイデアコンテスト、グランプリが発表 | Mogura VR

MoguraVR

第2回「日経ARアワード」の概要

応募期間

2020年9月10日~10月27日

表彰

「グランプリ」(1点、賞金30万円)
「協賛社賞」(名称は「企業名+賞」4点、賞金各10万円)

審査

「グランプリ」は応募アイデア全体の中から審査委員が審査し決定。
「協賛社賞」は「応募課題」を提示した企業がそれぞれ審査し決定。

結果発表

2020年12月にグランプリおよび協賛社賞を紙面・ウェブサイトで発表

応募課題

コマツ
「バッテリー駆動式ミニショベル「PC30E-5」の、エンジン駆動式と同等のパワー・排気ガスゼロ・低騒音というメリットを、新聞広告と日経ARで表現してください」

テレビ東京
「テレビ/新聞/AR/デジタルを組み合わせた、withコロナ時代のテレビ東京らしい新コンテンツのアイデアをお寄せください」

マイナビ
「就活生とその保護者に向けた企業の「新卒採用広告」として、新聞とARを組み合わせた斬新な企業広告のアイデアをお寄せください」

日本経済新聞社
「日本経済新聞社が取り組む「NIKKEI UNSTEREOTYPE(アンステレオタイプ) ACTION」の理解を深める新聞広告×ARのアイデアをお寄せください」

審査基準

① 応募課題との整合性
② ARアプリを使いたくなる新聞の表現
③ 新聞〜ARの連動性/AR表現アイデア

公式サイト

日経ARアワード | NIKKEI AR AWARDS
日本経済新聞社主催「日経ARアワード」の公式サイトです。新聞とARを組み合わせて、新聞広告の概念を超える表現アイデアを募集するコンテスト。応募課題や応募方法などの情報を載せています。

(参考)プレスリリース日経ARアワード公式サイト

タイトルとURLをコピーしました