VRで手軽に安全教育、法人向けレンタルサービスがスタート

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社積木製作は、VR教育プログラム「安全体感VRトレーニング」の法人向けレンタルサービスを9月初旬より開始します。一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」に安全体感VRトレーニングシリーズを収録。基本レンタル料金は1台35,000円(税別)から、レンタル期間は1日から利用可能です。

現場の「ヒヤリハット」体感、効果的に安全意識高める

「安全体感VRトレーニング」は、建築現場やものづくりに関わる、様々な現場で使用できる安全教育ソリューションです。現実で起こりうる災害や事故をVRで体験でき、場所を問わずに現場教育・安全意識の向上を行えます。

本レンタルサービスでは、スタッフが直接レンタル先へ伺っての有人サポートや、VR体験者が見ている映像を外部出力するためのモニタリング用PC貸し出し、感電系VRコンテンツに対応した「感電体感装置」といった有料オプションサービスも用意されています。

レンタルサービス概要

ライセンス料

基本使用料(1台1日間):30,000円(税別)
延長料金(1台1日間毎):10,000円(税別)

機材利用料

基本使用料(1台1日間):5,000円(税別)
延長料金(1台1日間毎):2,000円(税別)

※ヘッドセット、コントローラー、充電器、マニュアル、衛生マスク込み

サービス内容

・建設現場における仮設足場からの墜落#車両基地構内における危険体験
・鉄道車両屋根上作業中の危険体験
・建設現場における重機災害体験
・可搬式作業台を使用した危険体験
・開口部廻りの危険体験
・外部仮設足場の危険体験
・盤内配線作業中の感電(※有料オプションにて体感装置との連動可)

コンテンツの詳細はこちら

(参考)株式会社 積木製作 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました