世界最大級のフェス「バーニングマン」バーチャル開催、9月6日まで

未分類
この記事は約4分で読めます。

毎年アメリカ・ネバダ州で行われている音楽やアートなどの総合イベント「バーニングマン(Burning Man)」。2020年は新型コロナウイルスの流行を鑑みて中止となりましたが、8月31日より、各種バーチャルイベント会場などで開催されています。一部は事前登録不要で、ブラウザで楽しめるものもあります。

あらゆるアートが荒野に集結

「Burning Man」は、ありとあらゆる種類の音楽やアート、文化を「人間表現」という名の皿に盛り合わせたかのようなイベントです。例年は、ネバダ州にある砂漠のプラヤと呼ばれる平原に集い、会場として臨時の街「ブラック・ロック・シティ」を作りあげます。同イベントには年ごとの“テーマ”が存在し、今年2020年は「multiverse」がテーマです。

しかし4月、新型コロナウィルスの流行を受け米国現地での開催中止を発表。オンラインでの開催に形を変えました。”バーチャル・バーニングマン”は8つのプラットフォームで開催され、PCやスマートフォン、VRヘッドセットを用いて体験可能です。

下記に概要を紹介します。

OH! All the Multiverses You'll Go - Virtual Burning Man 2020
Virtual Tour of Burning Man of all the multiverses for 2020. Please share the video with your theme camps. Compilation of all the multiverse: swanvr.com/bm2020

プラットフォーム紹介

BRCvr

バーチャル空間に再現された「ブラック・ロック・シティ」を散策します。ダンスをしたり写真を見たり、人型の造形物「ザ・マン」(The Man)のてっぺんまで飛んでいくこともできます。

利用可能なデバイス:Windows 10のPC、VRヘッドセット
対応VRヘッドセット:Oculus Rift、HTC Vive、Oculus Go、Oculus Quest、Windows Mixed Reality
アプリのダウンロード:要
課金:なし

The Infinite Playa

会場であるブラックロック砂漠をフォトリアルに再現、乗り物に乗ったり、ライブパフォーマンスや会話を楽しむことができます。3D作品の掲載や、演技のライブ配信も可能です。

利用可能なデバイス:スマートフォン、PC
アプリのダウンロード:不要
課金:なし

The Bridge Experience

Webブラウザベースのバーチャル体験で、デバイスを問わず利用できます。〇R体験へのハードルを下げ、アーティストやクリエイターの参加を促します。

利用可能なデバイス:スマートフォン、PC(Chromeのブラウザ)、VRヘッドセット
対応VRヘッドセット:Oculus Quest
アプリのダウンロード:不要
課金:なし

Multiverse

ブラック・ロック・シティをフルスケールでバーチャル空間に再現、クリエイターらは一緒に作業をしたり、3D作品を作成したりできます。3Dアバターの形で参加し、音声での会話も行えます。

利用可能なデバイス:スマートフォン
アプリのダウンロード:要
課金:あり

Build-A-Burn

ブラウザとウェブカメラさえあれば、友人と一緒に会場を自由に歩き回れます。ワークショップ等を通じ、新たな人と繋がることも可能です。

利用可能なデバイス:PC(ChromeまたはFirefoxのブラウザ)
アプリのダウンロード:不要
課金:なし

SparkleVerse

2Dのウェブブラウザベースのコンテンツです。近くにいる参加者を見つけて交流したり、パフォーマンスを共に楽しむことができます。

利用可能なデバイス:スマートフォン、PC
アプリのダウンロード:不要
課金:なし(ただし最低1ドルの寄付が必要)

BURN2

仮想世界「セカンドライフ」内に、バーニングマンのコミュニティやカルチャーを展開しました。アートインスタレーションなどを体験できます。

利用可能なデバイス:PC
アプリのダウンロード:要
課金:なし

MysticVerse

バーチャルなブラック・ロック・シティに、アーティスト、3Dモデラー、技術者等を集め、インタラクションを行えます。

利用可能なデバイス:スマートフォン、PC、VRヘッドセット
対応VRヘッドセット:全デバイス
アプリのダウンロード:不要
課金:なし

ライブイベントも開催

また会期中、2つの企画も行われます。

Burn Night: Live From Home

9月5日に開催されるライブイベントです。各自がThe Manを燃やすという恒例の体験を行い、その様子を互いにシェアします。

利用可能なデバイス:スマートフォン、PC、VRヘッドセット
対応VRヘッドセット:全デバイス

Ethereal Empyrean Experience: Temple 2020

参加者が作品を共有したり、心の傷をいやすことを目的としたコンテンツです。

利用可能なデバイス:PC、VRヘッドセット
対応VRヘッドセット:Oculus Quest、Steam VR対応ヘッドセット

バーチャルBurning Manの会期は8月31日午前0時(日本時間8月31日16時)から9月6日までとなっています。各コンテンツ詳細は、公式ウェブサイトから。

(参考)Burning Man

タイトルとURLをコピーしました