VR遠隔操作ロボット企業のTeleixistence、国内AI研究の第一人者が顧問就任

未分類
この記事は約1分で読めます。

VR遠隔操作ロボットを開発するTelexistence株式会社は、同社のAI技術顧問に、東京大学の松尾豊氏が就任予定であることを発表しました。同氏は日本におけるAI研究の第一人者として知られています。

TelexistenceはVRやテレイグジスタンス技術、ロボティクス、通信、触覚、AIなどのテクノロジーを駆使して遠隔制御ロボットの開発する企業。遠隔操作技術とAIを用いて、人間の生活領域に近い場所でロボットを普及させることを目指しています。

日本におけるDLやAIの第一人者

今回AI技術顧問に就任した松尾氏は、ディープラーニングやウェブ工学の専門家であり、東京大学を拠点に各種研究活動を進めています。2017年には日本ディープラーニング協会を設立。理事長に就任し、情報発信や公的機関への提言、国際連携の促進などに取り組んでいます。

Telexistenceは今回の松尾氏の就任に際し、「最も先進的なAI研究の第一人者であり、実社会においてAIの実践的な活用に高い意欲をもつ松尾氏に加わって頂くことが大きな力になると考えていました」とコメント。続けて「一方、松尾氏も日本から世界を舞台に活躍するスタートアップを輩出することに積極的であり、TXの取り組みに高い関心をもって頂いたことが今回の就任へとつながった」としています。

(参考)Telexistence株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました