VRサービス「NEUTRANS BIZ」セミナー・製品発表会向けの新機能

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社Synamonは、VRコラボレーションサービス「NEUTRANS BIZ」にセミナーや製品発表向けのシーンを追加しました。最大30名(VR機器ユーザー10名+PCユーザー20名)の入出が可能です。

「NEUTRANS BIZ」は、複数人が同時にクラウド上のVR空間に接続し、物体や空間のビジュアルデータを共有しながらコミュニケーションを行うことができるサービスです。会議や研修、イベント・展示会、ショールームなどに活用することができます。

今回追加シーンは以下の通りです。

SeminarRoom(セミナールーム)

高層ビルのイベントホールのような、天井が高く、明るい開放感のある空間。部屋中央には大きなディスプレイがあり、どの位置からも資料が見やすい設計です。また、客席後方の開けた空間にテーブルなどのモデルを配置することで、分科会や懇親会をそのまま開催することも可能とのこと。セミナーや相談会、パネルディスカッションなどが想定されています。

OpenStageTheater(オープンステージシアター)

中央にある舞台を観客席が半円状に囲んだ劇場型のイベントホール。舞台中央には全シーンの中で一番の大きさのディスプレイが設置されており、ライブ配信を行う場合は、180度お好みの角度や高さにカメラを配置して映像を配信可能とのこと。このシーンでは製品発表会やピッチコンテストのような、大勢の視聴者が想定されるユースケースが想定されています。また、企業やブランドロゴの設置、アバターや製品の3Dモデルの作成といったカスタマイズも可能とのこと。

活用シーンを紹介する説明会が実施

9月10日には今回追加されたシーンの詳細説明や実際に体験できるイベントが開催されます。参加者はPCまたはライブ配信から参加が可能です。申込みはこちら

(参考)株式会社Synamon プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました