アサヒグループホールディングスがVRシステム開発、商品パッケージ開発を支援

未分類
この記事は約2分で読めます。

アサヒグループホールディングス株式会社は、VRで商品パッケージデザインや消費者調査を行う「VRパッケージ開発支援システム」を開発しました。商品開発を効率化するほか、テレワークでの作業も可能にします。

VRで商品棚イメージをチェック、意思決定早める

「VRパッケージ開発支援システム」は、商品の3Dモデルを生成する「3Dモデル生成システム」と、生成されたデザイン案の3Dモデルを仮想商品棚で表現するための「仮想商品棚生成システム」の2つから構成されています。

本システムでは、検討段階の商品パッケージデザイン案をコンビニエンスストアの冷蔵ショーケースなどに陳列された状態でモニターに再現。VRデバイスを装着することで、来店者の目線でどのように商品が見えるかを体験できます。装着者が見ている映像はモニターに表示され、開発チームなどの複数人で共有・確認することが可能です。また、冷蔵ショーケース内の商品の並び替え・入れ替えなどの操作を行うこともできます。

本システムは2020年9月を目途に、アサヒ飲料で清涼飲料商品を対象として商品開発時のデザイン決定において試験運用を開始予定です。

今後は消費者調査などへの展開も予定しており、「より消費者目線での商品開発を実現するツールとして活用していきたいと考えています」とコメント。また、「清涼飲料商品の状況を踏まえながらグループ商品への展開、最新トレンドを反映したパッケージデザインを生成する『AIクリエーターシステム』と連動させることで、商品開発プロセスを高度化することを目指す」としています。

(参考)アサヒグループホールディングス株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました