ウェザーニュース 浸水被害を疑似体験できるARシミュレータ公開

未分類
この記事は約2分で読めます。

au向け「ウェザーニュース」アプリがバージョンアップし、浸水被害を疑似体験できる「AR 浸水シミュレータ」が公開されました。スマホのカメラ機能を使用すれば、自分の目の前の景色が浸水した状況を映し出せます。

普段見慣れた自宅や勤務先など目の前の景色で浸水被害を疑似体験し、防災意識を高めてもらうために開発されたとのこと。

浸水の深さは画面上で10cm単位で設定でき、今見ている景色がどのように変化するのか確認できます。水流や水の色も指定可能で、浸水の状況をよりリアルに体験可能です。

さらにユーザーの位置情報から、想定する最大規模の降雨で河川が氾濫した際の浸水リスクをシミュレーションできる「現在地シミュレーション」機能も用意。位置情報と国土交通省が発表している洪水浸水想定区域データとを照らし合わせ、想定しうる最大規模の降雨により河川が氾濫した場合の浸水深が画面上に表示されます。

これにより場所や時間を問わず、スマホで簡単に浸水リスクを把握でき、事前の水害対策や水害への防災意識の向上に役立てられるそうです。

なお現在アプリはAndroid専用で、起動にはGoogleのAR Core対応端末、auMarket版「ウェザーニュース」アプリと「AR浸水シミュレータ」アプリの両方が必要です。

「AR浸水シミュレータ」アプリは「ウェザーニュース」アプリのメニューからインストールが可能です(auスマートパス会員が対象)。今後iOSや他キャリアにも広く展開していく予定とのこと。

(参考)ウェザーニュース公式サイト

タイトルとURLをコピーしました