WFLE、バーチャルイベント向けプラットフォームを提供開始 ライブ配信アプリのノウハウ活かす

未分類
この記事は約1分で読めます。

株式会社Wright Flyer Live Entertainment(WFLE)は、バーチャルイベントプラットフォーム「REALITY Spaces」の提供を開始しました。展示会やカンファレンス等のイベントをバーチャル空間上で行えます。

バーチャルライブ配信アプリの技術やノウハウ活かす

「REALITY Spaces」は、WFLEのバーチャルライブ配信アプリ「REALITY」で培ったテクノロジーとノウハウをパッケージ化したバーチャルイベント制作プラットフォーム。PCおよびスマートフォンから多人数で参加できます。

「REALITY Spaces」では、出展者が3Dアバターとなりプレゼンテーション(映像・音声)を配信できるほか、参加者とチャットでコミュニケーションを取る、自社Webサイトに誘導する等が可能です。

REALITY Spaces Teaser Movie
REALITY Spacesのティザー動画

(参考)株式会社Wright Flyer Live Entertainment プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました