OculusのVRヘッドセット 新規利用時にFacebookログインが必須に

未分類
この記事は約2分で読めます。

Facebook社は「Oculus」のアカウントをFacebookアカウントに統合すると発表しました。Oculusアカウントのサポートは、2023年1月1日をもって終了します。

2020年10月以降に初めてOculus製品を使用する際は、Facebookアカウントでのログインが必須に。すでにOculusアカウントを持っている場合は、Facebookから2つのアカウントを統合できるようになります。統合を選択しない場合でも、2023年1月1日まではOculusアカウントを継続できますが、一部のゲームやアプリが作動しなくなる可能性があるとのこと。

これは使用するアプリにFacebookアカウントを必要とする機能が含まれていたり、購入したアプリやゲームのサポート終了を開発者が選択していたりすることが要因で、すべての機能を使用するにはFacebookアカウントが必要になります。

今後リリースされるOculus製品については、Oculusアカウントを持っている場合でも、Facebookアカウントが必要となります。

独立したVRプロフィールも作成可能

Facebook社によると、Facebookのアカウントとパスワードを使用してログインする方法を1つにすることで、VR内で簡単に友達を見つけて一緒に遊ぶことが可能になるとのこと。また、Facebookで利用されている人気機能の多くをOculusでも利用可能となります。

Facebookアカウントでログインした場合でも、独立したVRプロフィールの作成や管理ができるほか、Oculus上の友達にFacebookの名前で検索されたくない場合は、Oculusの設定で 「自分のみ」を選択し、表示するのも可能。Facebookプロフィール、またはタイムラインに投稿するVRアクティビティに関する情報を選択でき、複数の利用者が各自のFacebookアカウントを使って同じ製品にログインできる機能も導入されます。

なお、今回の変更の内容を反映させるため、利用規約とプライバシーポリシーが更新されます。

(参考)Facebook ニュースルーム

タイトルとURLをコピーしました