PSVR対応が報じられた「HITMAN 3」 最新のゲームプレイ映像を紹介する動画が公開

未分類
この記事は約3分で読めます。

8月7日(金)午前5時放送の動画配信番組「State of Play」にてPlayStation VR(PSVR)への対応が報じられた、IO Interactive開発の暗殺ステルスアクションゲーム「HITMAN 3(ヒットマン3)」。そのゲームプレイの模様を開発メンバーが紹介・解説する最新動画、「HITMAN 3 – VR: Become the Hitman (Developer Insights)」がYouTubeのHITMAN公式チャンネルにて公開されました。

「HITMAN 3」は「World of Assassination」3部作の完結編を謳う新作で、プレイヤーは主人公の暗殺者47(フォーティーセブン)となり、様々な暗殺任務を遂行していきます。
PlayStation 5、PlayStation 4のほか、Xbox Series X、Xbox One、PCでも発売予定。過去に発売された2作のステージも楽しめるほか、前作「HITMAN 2」のステージ・進行情報の記録を持ち越すことができます。

HITMAN 3 - VR: Become the Hitman (Developer Insights)
The team at IO Interactive share insights into HITMAN 3's VR support and talk about what players can expect from this new way to play the game.

動画では先日の「State of Play」でも紹介された暗殺シーンに加えて、バールを手にしての格闘攻撃、草むらにしゃがんで隠れる、クローゼットの中に潜んでターゲットを待つと言った新たなアクションが紹介されています。

特にバールによる格闘攻撃は、プレイヤーの任意の方向から触れるように作られている模様。「State of Play」で紹介された暗殺シーンもボタンではなく、直接ターゲットの首を絞める操作を行って“始末”する形になるようです。また、銃撃戦では相手を視認せず、遮蔽物に身を隠したまま銃だけを出して撃つ「ブラインドショット」が可能であることも紹介。VR特有の戦術を駆使して立ち回れることが示唆されています。

I just received a coded message from THE Agent 47, and it said, "We see you, Agent 32." This video was attached and it not only confirms motion controls in @Hitman 3 VR in visual form, but also OMG look at all the world detail in that one shot! So incredibly pumped for this now! pic.twitter.com/l2K10E0v0X

— Ian Higton (@IanHigton) August 12, 2020

このYouTubeの動画とは別に、EurogamerのIan Higton氏も自身のTwitterでIO Interactiveより送られてきた動画をツイート。47がランタンを揺らすだけの短い動画ですが、この内容から、ゲーム中にプレイヤーが手に取って遊べるオブジェクトが多数用意されている可能性が推測されます。照明効果にも凝っていることから、Higton氏は「HITMAN 3」はPSVRタイトルの中で最も見応えのあるタイトルになるのでは、とも綴っています。

なお、一連の操作を実施するに当たって用いると思われるPlayStation Moveモーションコントローラーへの対応は執筆時点で言及されていません。しかしながら、対応は間違いないだろうと英メディアVRFocusは報じています。

さらに先述の通り、本作はPC版もリリース予定ですが、こちらもVRに対応するかについては執筆時点で不明。可能性は高いと思われますが、今後のIO Interactiveからの続報を待つ形です。

「ヒットマン3」がPSVRに対応 2021年1月発売 | Mogura VR

「ヒットマン3」がPSVRに対応 2021年1月発売 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVRVRFocus

タイトルとURLをコピーしました