自宅から野球観戦!「バーチャルハマスタ」に約3万人が参加

未分類
この記事は約1分で読めます。

8月11日(火)バーチャルSNSのcluster内で開催された「バーチャルハマスタ」に約3万人以上(ワープ機能での加算を含まず)の観客が参加しました。この数は横浜スタジアム収容人数とほぼ同数です。

バーチャルハマスタは、自宅にいながらバーチャル上に再現された横浜スタジアムでスポーツ観戦できるという企画です。スタジアムでは現実で実際に通る道筋が再現され、よりリアルに近いハマスタを体験できます。


(スタジアムにはグラウンドの中央に大型ビジョンが設置され、大画面に試合映像が放映)

参加者は自分の好きな方向に、他視点でスタジアムや試合を楽しめるのがポイント。試合中にはジェット風船など、現在、実際のスタジアムではできない応援も演出として行われました。その他、実寸20m規模のDB.スターマンや現役選手の巨大パネルなど、現実では実現できないコンテンツも登場しました。

(参考)KDDI株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました