VRパルクールゲーム「STRIDE」8月リリース、「ミラーズエッジ」にインスパイア

未分類
この記事は約2分で読めます。

ロシアのJoy Wayが開発を進めているVRパルクールゲーム「STRIDE」が、8月中に早期アクセス版の形でリリースされることが発表されました。配信プラットフォームはSteam、Oculus Store、Viveportを予定しています。

「STRIDE」は高層ビルの屋上、隙間などを華麗に飛び越え、銃撃してくる敵を倒しながら進むVRパルクールゲーム。2008年に発売されたアクションゲーム「ミラーズエッジ」にインスパイアされたタイトルです。対応ヘッドセットはVALVE INDEX、HTC VIVE系、Oculus Rift系、Windows Mixed Reality。言語サポートは英語のみとなります。

進捗の遅延により、2つのフェーズに分けてリリース

STRIDE Early Access August 2020
Add to Wishlist on Steam: We are pleased ...

開発のJoy Wayによれば、「本編であるストーリーキャンペーンの制作に遅れが生じている」ため、2つのフェーズに分けてリリースするとのこと。8月分は「エンドレスモード」、「アリーナモード」、「タイムチェイスモード」の3つのゲームモードを収録したものとなり、その後「ストーリーキャンペーンモード」がリリースされる予定です。

「エンドレスモード」はどこまで走り切れるかに挑むモード。舞台となる地形はプレイするたびに自動生成され、Joy Wayいわく無限に挑み続けられる作りになっているとのこと。
「アリーナモード」は広々とした地形を舞台に、続々と押し寄せる敵の群れを迎え撃っていくモード。いわゆる防衛戦ですが、要所ごとにアクションが試されるため、それらの練習や射撃の腕前を磨くのにも適した作りになっているようです。
残る「タイムチェイスモード」はその名の通り、パルクールの腕前と最速攻略タイムを競い合うモードとのこと。

これら第1フェーズのリリースが完了後、Joy Wayは遅延しているストーリーキャンペーンの制作に注力し、第2フェーズの無料アップデートでの実装を予定しているとのこと。さらにストーリーと一緒に「アーケード」なるモードも追加で収録されるようです。

Oculus Quest、PlayStation VR(PSVR)版のリリースも発表

そのほか、今回の発表に合わせてOculus Quest、PlayStation VR(PSVR)版のリリースも発表されました。第2フェーズの件も含め、詳細なリリース日に関しては確定次第、お知らせするとのこと。今後の動向が注目されます。

Nothing found for  Joy Way Stride

Nothing found for Joy Way Stride

www.moguravr.com

(参考)VRFocus

タイトルとURLをコピーしました