ネトフリがエミー賞ノミネート作品を紹介、ARコンテンツ「FYSEE-360」

未分類
この記事は約1分で読めます。

2020年8月3日、Netflix(ネットフリックス)は、エミー賞にノミネートされた自社映像作品の概要を見ることができるARコンテンツ「FYSEE-360」を公開しました。

「FYSEE-360」は、主にエミー賞での投票権を持つ人が作品の詳細をチェックするために作られたコンテンツ。「ザ・クラウン」や「ストレンジャー・シングス」「オザークへようこそ」など、ノミネートされた計11作品の“劇中ロケーション”をARで楽しめます。アイコンをクリックすることで各ロケーションへ移動できるほか、スタッフやキャストによるコメンタリーを見ることもできます。

なお、2020年のエミー賞授賞式は、新型コロナウイルスの影響によって、9月にオンライン開催されます。

花譜 Netflixアニメ「日本沈没 2020」グランドEDテーマを担当 | Mogura VR

花譜 Netflixアニメ「日本沈没 2020」グランドEDテーマを担当 | Mogura VR

MoguraVR

Netflix、ドラマ予告編とARを組み合わせた「ARトレーラー」導入 | Mogura VR

Netflix、ドラマ予告編とARを組み合わせた「ARトレーラー」導入 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Deadline

タイトルとURLをコピーしました