ARで新たなショッピング体験、サッポロ不動産開発が「バーチャル店舗」

未分類
この記事は約1分で読めます。

サッポロ不動産開発株式会社は、北海道で運営するサッポロファクトリーにおいて、「OMO(Online Merges with Offline)型仮想空間賃貸借」の事業化に向けた実証実験を実施します。リアル空間の商業施設内に、ARでデジタル空間エリアと接する場を設置。リアル商業施設とバーチャル商業施設が融合した「新しいショッピング体験」を提供します。

本実証実験では、AR技術を活用して実店舗のないEC店舗や普段はな手に入らない商品などを扱う店舗のバーチャルショップ「AiRTOWN」をサッポロファクトリーのアトリウムに出現させ、新たなショッピング体験を提供するための事業検証を行います。

今回登場する店舗は、グルメ・スイーツ、雑貨、アウトドアグッズなど全6店。全国の品をセレクトして販売するなど、バーチャルだからこそ実現可能な店舗が用意されています。検証期間は2020年8月15日(土)から10月11日(日)までです。

(参考)サッポロ不動産開発株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました