ValveがワイヤレスVRヘッドセットを開発中?新たな特許を出願

未分類
この記事は約2分で読めます。

ゲーム配信プラットフォームSteamやPC向けVRヘッドセットVALVE INDEX(バルブ・インデックス)で知られるValveが、米国特許商標庁にワイヤレス形式のVRヘッドセットシステムの特許を出願していたことが判明しました。

今回出願が判明した特許の正式名称は「HMDのためのワイヤレスデータ送信システム(WIRELESS DATA TRANSPORT SYSTEM FOR HEAD-MOUNTED DISPLAYS)」。2019年に出願された後、2020年7月30日に公開されました。

特許によれば、データ送信システムにはトラッキングのためのもので、ワイヤレス形式のデバイス(HMD、タブレットなど)の動きを認識するとのこと。この文面から、ValveがVRヘッドセットのワイヤレス化を研究している(VALVE INDEXは有線接続)ことが伺えます。

2020年7月現在、Valveのハードウェア開発チームは、すでに新たなプロジェクトに着手していることが判明しています。この“開発情報”は、Valveが自社製のVRゲーム「 Half-Life: Alyx」開発の舞台裏などを描いたドキュメンタリー「Half-Life: Alyx – Final Hours」内で明言されました。現時点では新プロジェクトの詳細は明らかになっていませんが、今回の特許が関係しているのかもしれません。

VALVE INDEXのパススルーカメラがアップデート。より自然な見え方に | Mogura VR

VALVE INDEXのパススルーカメラがアップデート。より自然な見え方に | Mogura VR

MoguraVR

VALVE INDEXの実力は? 性能や使い心地を徹底レビュー | Mogura VR

VALVE INDEXの実力は? 性能や使い心地を徹底レビュー | Mogura VR

MoguraVR

(参考)UploadVR

タイトルとURLをコピーしました