NTTドコモ、VR/AR/MRのサービス企画・開発を行う新会社設立

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社NTTドコモは、新会社「株式会社複合現実製作所」を8月4日に設立しました。新会社設立は、XR技術を活用したサービスの企画・開発および提供、XR技術を活用したサービスの導入に関するコンサルティングを行います。

複合現実製作所は、ドコモグループにおける新規事業の創出をめざす社内ベンチャー制度を利用して、社員のアイデアを事業化するものです。XR技術とMRデバイスなどの次世代デバイスを活用したXRサービスの企画・開発および提供を行い、XR技術を実用化することで鉄工業界の課題を解決します。

また、「XR技術を活用したサービスを他業界へも展開することで、XR技術を普及・拡大させ、社会が抱える後継者問題や技術継承問題、人手不足などの課題解決に貢献する」としています。

複合現実製作所の事業概要は以下の通りです。

立体構造物の製造課程におけるXR活用のサービス提供

複合現実製作所は、パートナーである有限会社宮村鉄工と共同で開発し、宮村鉄工の建築鉄骨業向けの作業支援ソリューション「L’OCZHIT(ロクジット)」の提供を行います。本サービスは、動画や画像、ストリーミング映像を共有する機能などが実装予定されています。

XR技術を活用した新たなサービスの企画・開発

建築鉄骨業以外の分野や鉄工業界以外の業界にXRサービスを展開するために、様々なパートナーと共同で検証を行います。顧客が抱える課題を見つけ、プロトタイプで実際に運用をしながら課題解決につなげます。また、XR技術だけでなく、5Gや「ドコモオープンイノベーションクラウド」など、ドコモが持つ技術やサービスを融合して最適なソリューションを提供します。

XR技術を活用したサービス導入に関するコンサルティング

XRサービスの導入を検討する企業に対し、XR技術が活用できる業務や具体的な活用方法を顧客と共同で検討することにより最適な課題解決方法を提案します。

(参考)株式会社NTTドコモ プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました