「HoloLens 2」活用で遠隔施工管理、リノベーション企業が実験開始

未分類
この記事は約2分で読めます。

リノベーション・プラットフォーム事業を展開するリノべる株式会社、MRデバイス「HoloLens 2」を活用した遠隔施工管理における実証実験と、一部現場への導入を実施することを発表しました。現場の作業を遠隔から確認することで、今まで生じていた作業に関する認識合わせの難しさの解消を目指します。

遠隔支援ソリューションを活用

本プロジェクトでは、HoloLens 2と遠隔支援ソリューション「Dynamics 365 Remote Assist」を活用することで、施工現場のHoloLens 2を装着した作業者とオフィスにいる設計者がMicrosoft Teamsを通してコミュニケーション可能になります。作業者の目の前には、設計士からの指示や設計図をはじめとした関連資料が表示され、オフィス側には作業者が見ている現場映像の確認が行えます。

リノべるは、本実証実験および一部現場への仮導入では、MRのメリットを享受するだけでなく、当該技術の制約条件やそれに対応するための実オペレーションを検証することで、実際の業務装着を想定した今後の意思決定や業務設計のインプットを生み出す機会としています。

HoloLens 2の現場導入については、当該サービスの強みが活きる複数の施工案件から開始し、6ヶ月程度の仮運用で実際の利用における特性や相性を鑑み、対象範囲の拡大を検討するとのことです。

(参考)リノベる株式会社 プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました