Oculus Quest後継機の“新情報”、コロナ下でもXR市場予測は上方修正 ー 週間振り返りVR/AR/MRニュース

未分類
この記事は約6分で読めます。

「週間振り返りVR/AR/MRニュース」では、Mogura VR News / MoguLiveで掲載したニュースの中から見逃せない注目記事をピックアップ。読者の皆さんに、VR/AR/MRの最新情報をギュッと縮めてお届けします。

目次

1.Oculus Questの新型「Quest 2」?複数筋から画像がリーク(07.25)
2. コロナ下でもXR市場予測は上方修正、VRヘッドセットの需要高まる(07.30)
3.エピックゲームズが開発者支援、総額4,200万ドルに VR/ARプロジェクトも(07.28)
4.VRとARを切り替えられるヘッドセット「Lynx R1」大幅に小型化(07.25)
5.CES2021、リアルとの併催を断念……完全オンライン開催へ(07.29)

Oculus Questの新型「Quest 2」?複数筋から画像がリーク(07.25)

フェイスブックの一体型VRヘッドセット「Oculus Quest」の新型モデルと思しき写真が話題となっています。過去に「HP Reverb G2」や「HoloLens 2」などの情報をリークしたWalkingCat氏によるもので、同氏は「9/15」の日付とともにツイートを投稿。これはフェイスブックの開発者会議である「Oculus Connect」の開催日と予想され、海外メディアらは「発表が近づいているのではないか」と推測しています。

【Topics】
・IPD(瞳孔間距離)調整装置がなく、Rift Sのような1枚の液晶ディスプレイに変更か?
・サイズ調整も左右と上部の計3か所を固定から、上部ストラップのみで調整
・コントローラーは初期(初代Rift)のTouch controllerに近いデザインに?

Oculus Questの新型「Quest 2」?複数筋から画像がリーク | Mogura VR

Oculus Questの新型「Quest 2」?複数筋から画像がリーク | Mogura VR

MoguraVR

Oculus Questの新モデルをめぐる報道についての記事はこちらから。

Oculus Questの新モデルが2020年末に登場か 海外メディアが報道 | Mogura VR

Oculus Questの新モデルが2020年末に登場か 海外メディアが報道 | Mogura VR

MoguraVR

コロナ下でもXR市場予測は上方修正、VRヘッドセットの需要高まる(07.30)


米リサーチ会社のSuperdataは、2020年第1四半期のXR市場予測を発表しました。XR全体の市場規模は、VRヘッドセット需要の増加から前回4月の予測63億ドルから69億ドルへと上方修正、今後の拡大も見込んでいます。

一方、新型コロナウィルス流行の長期化を折込み、ロケーションベースVR(施設型VR)の市場規模は2019年の4分の1に縮小と予想。また2023年に市場の36%を占めるとされたAR/MRヘッドセットの売上規模はMagic LeapやFocalsのデバイス不振から23%へと下方修正されています。

【Topics】
・特に2021年末まではQuest(後継機種含む)が売上トップと予測
・アップルARグラスのリリースは早くても2022年発売、普及には時間を要すると予測
・ARゲーム「ポケモンGO」は2020年第2四半期の売上は前年比12%増と好調

コロナ下でもXR市場予測は上方修正、VRヘッドセットの需要高まる | Mogura VR

コロナ下でもXR市場予測は上方修正、VRヘッドセットの需要高まる | Mogura VR

MoguraVR

エピックゲームズが開発者支援、総額4,200万ドルに VR/ARプロジェクトも(07.28)

エピックゲームズは開発者支援のためのプログラム「Epic MegaGrants」に、総額4,200万ドル(約44.2億)の資金を提供しました。

同時にAMDも「Epic MegaGrants」に加わり、同プログラムの受賞者に200台のAMD Ryzen 7 3800X デスクトップ プロセッサーを提供します(新規既存問わず・申込み期限なし・先着順)。

【Topics】
・エピックゲームズはゲーム制作エンジン「Unreal Engine 4」を開発
・医療VRのORamVR、トラッキングDeepMotionが選出。受賞一覧はこちら

エピックゲームズが開発者支援、総額4,200万ドルに VR/ARプロジェクトも | Mogura VR

エピックゲームズが開発者支援、総額4,200万ドルに VR/ARプロジェクトも | Mogura VR

MoguraVR

VRとARを切り替えられるヘッドセット「Lynx R1」大幅に小型化(07.25)

仏LYNX社はMRヘッドセット「Lynx R1」の小型改良モデルを公開しました。「光折り畳み(light folding)光学技術」によるもので、公式サイトで予約受付中。価格は1,500ドル(約16万円)2020年9月出荷予定です。

米メディアRoad to VRは「新デザインはFOV(視野角)の最大化を目的」と報じ、ヘッドセット前面のトラッキング、パススルー用カメラの省サイズ化によるものとみられています。

【Topics】
・VR/AR機能を備えた「Lynx R1」のスペック概要。パススルー型でFOV90度
・クアルコムの5G対応新型チップセット「Snapdragon XR2」を搭載
・2020年2月公開モデルをさらに小型化

VRとARを切り替えられるヘッドセット「Lynx R1」大幅に小型化 | Mogura VR

VRとARを切り替えられるヘッドセット「Lynx R1」大幅に小型化 | Mogura VR

MoguraVR

VR/AR両用の一体型ヘッドセット「Lynx R1」の記事はこちらにまとめています。

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏 | Mogura VR

VR/AR両用ヘッドセットのLYNX、200万ドルを調達。発売は2020年夏 | Mogura VR

MoguraVR

VR/AR両用の一体型ヘッドセット「Lynx R1」詳細が公開 1500ドルで今夏発売 | Mogura VR

VR/AR両用の一体型ヘッドセット「Lynx R1」詳細が公開 1500ドルで今夏発売 | Mogura VR

MoguraVR

CES2021、リアルとの併催を断念……完全オンライン開催へ(07.29)

2021年1月6日-9日に開催を予定する、世界最大規模のエレクトロニクス展示会CESは、ラスベガスでのリアルイベントを断念し、オンラインのみで開催すると発表しました。

CES2021主催者は5月に「実際にラスベガス現地で、及びデジタルの双方」での開催を予定していましたが、新型コロナの影響により完全デジタルのプラットフォームへと移行し、よりユニークな体験の提供を目指します。

【Topics】
・CESは毎年1月に開催。2019年は展示企業4,500社以上、17.5万人を動員
・2021年1月初旬時点で10万人規模におよぶCES参加者の安全に配慮
・E3やGDC、Oculus Connect 7もイベント中止、デジタル開催へ

CES2021、リアルとの併催を断念……完全オンライン開催へ | Mogura VR

CES2021、リアルとの併催を断念……完全オンライン開催へ | Mogura VR

MoguraVR

イベントのオンライン開催などデジタルイベントに関する記事を紹介しています。

E3続きLaval Virtualも……ビッグイベントの中止やオンライン移行相次ぐ | Mogura VR

E3続きLaval Virtualも……ビッグイベントの中止やオンライン移行相次ぐ | Mogura VR

MoguraVR

フェイスブック、「Oculus Connect 7」をデジタル開催へ | Mogura VR

フェイスブック、「Oculus Connect 7」をデジタル開催へ | Mogura VR

MoguraVR

タイトルとURLをコピーしました