カバー 動画コンテンツへの著作権関連対応を実施 配信の健全化目指すと声明

未分類
この記事は約1分で読めます。

ホロライブプロダクション」を運営するカバー株式会社は、公式サイトにて「権利者様の許諾を得られていない著作物使用に関するお詫び」を公開しました。

文書によると、所属タレント数名のYouTubeアーカイブにおいて、権利者の許諾を得られていない著作物を使用したコンテンツが残っており、著作権違反の指摘を受け、一部コンテンツが削除となったとのこと。

カバー社は「弊社側の管理不足ならびに管理不行き届きによるもの」であり、たび重なるご迷惑・ご心配をおかけしていると謝罪。今後健全な配信活動を進めていくために、すべての所属タレントのYouTubeコンテンツにおいて非公開や削除対応を実施し、許諾を得られているコンテンツのみ公開するそうです。

今後については再度管理体制を強化し、再発防止に努めると述べています。

【お知らせ】
権利者様の許諾を得られていない著作物使用に関するお詫びhttps://t.co/5dGYAo2oCL

— カバー株式会社 (@cover_corp) July 30, 2020

(参考)カバー株式会社 NEWS

タイトルとURLをコピーしました