エピックゲームズが開発者支援、総額4,200万ドルに VR/ARプロジェクトも

未分類
この記事は約1分で読めます。

ゲーム制作エンジン「Unreal Engine 4」を提供するエピックゲームズは、開発者支援プログラム「Epic MegaGrants」にて、総額4,200万ドル(約44.2億)の資金提供を行ったことを発表しました。本プログラムには、VR/ARを活用したプロジェクトが多数含まれています。

AMDも参加、医療VRやモーショントラッキング技術など選出

今回の発表に加え、エピックゲームズはAMDがEpic MegaGrantsへの支援を開始したことも発表。これにより、新規および既存の受賞者に200台のAMD Ryzen 7 3800X デスクトップ プロセッサーが用意されます。申し込み期限は無く、先着順でハードウェアが提供されるとのこと。

[SIGGRAPH 2020] MAGES 3.0 Tying the knot of medical VR
New improved SDK with Multiplayer with GA interpolation, Analytics based on ML agent with recommendations, Geometric Algebra deformable animation, cutting an...

今回Epic Mega Grantsでは、医療・ヘルスケア方面でのVR活用を進めてORamaVRや、VR内におけるアバターのモーショントラッキング技術を開発するDeepMotionなどが選出されています。VR/ARを含む受賞者リストの一覧はこちらから。

(参考)Epic Games

タイトルとURLをコピーしました