「デススト」「メタルギア」の小島秀夫監督、ヴェネツィア映画祭のVR部門審査員に

未分類
この記事は約2分で読めます。

第77回ヴェネツィア国際映画祭の審査員が発表されました。VR部門「Venice Virtual Reality」の審査員には、「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」や「メタルギア」シリーズで知られるゲームクリエイター、小島秀夫氏が名を連ねています。

ヴェネツィア国際映画祭(ベニス、ベネチア国際映画祭とも表記)は、カンヌ映画祭、ベルリン映画祭と並ぶ、世界3大映画祭の1つです。2017年の第74回から、コンペ部門にバーチャル・リアリティ部門(Venice VR Competition)が新設されました。
第77回となる2020年は9月2日から12日まで、イタリア現地での開催予定です。

日本を代表するゲームクリエイター

小島秀夫監督は「メタルギアシリーズ」等で知られ、2020年現在は自ら設立したコジマプロダクションの代表を務めています。2019年11月にPlayStation 4で発売されたアクション“ストランド”ゲーム「デス・ストランディング」は、2020年夏頃にPC版の発売も予定されています。

最優秀VRコンテンツを選出

「Venice Virtual Reality」には3名の審査員が任命され、最優秀VR作品ほか全3部門の賞を審査します。過去のヴェネツィア映画祭レポートはこちらの記事から。

【VR映画ガイド第6回】ヴェネツィア国際映画祭 最優秀VR賞受賞作品の実力は? | Mogura VR

【VR映画ガイド第6回】ヴェネツィア国際映画祭 最優秀VR賞受賞作品の実力は? | Mogura VR

MoguraVR

VR部門で見えた新たな潮流 「ヴェネツィア映画祭」レポート(前編)、VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第17回 | Mogura VR

VR部門で見えた新たな潮流 「ヴェネツィア映画祭」レポート(前編)、VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第17回 | Mogura VR

MoguraVR

いよいよVR部門結果発表 「ヴェネツィア映画祭」レポート(後編) – VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第18回 | Mogura VR

いよいよVR部門結果発表 「ヴェネツィア映画祭」レポート(後編) – VR映像プロデューサー・待場勝利の「VR映画の夜明け前」第18回 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)LA BIENNALE DI VENEZIA

タイトルとURLをコピーしました