【Oculus Quest】フレンド機能がアプデ、グループを組んだまま別アプリ立ち上げ

未分類
この記事は約2分で読めます。

一体型VRヘッドセットOculus Quest(オキュラス クエスト)に、フレンドとパーティーを組んだ状態でアプリに参加した後、そのまま別のアプリにグループを維持したまま移動できる機能が実装されました。

Questでボイチャをつないだまま別アプリに

Oculus Quest(以下Quest)のフレンド機能では、最大4人で(異なるアプリを使用中でも)グループを組み、ボイスチャットなどを楽しむことができます。今回のアップデートによって、“参加機能”に対応するアプリを使用する場合は、メンバー全員で、各タイトルのマルチプレイヤーモードやロビーに移動できるようにもなりました。

2020年7月現在、参加機能に対応しているタイトルは「Echo VR」「Racket: Nx」「Synth Riders」「 Eleven Table Tennis」「Elven Assassin」「Epic Roller Coasters」「 アリゾナ・サンシャイン」「Cloudlands 2」「Spaceteam VR」「Ironlights」「 Multiverse」「Pro Putt by Topgolf」です。

アップデートでは、このほかにもフレンドリストに登録されている人以外のプレイヤーを集めてグループを組める、パブリックパーティー機能も実装されました。この機能で集まった集団も、参加機能を利用できます。なお2020年7月末時点では、これらの機能はQuestにのみ実装されています。Oculus Rift(Rift S)への導入予定等は明らかになっていません。

【Oculus Quest】Oculus Linkの画質設定、PC側で変更可能に | Mogura VR

【Oculus Quest】Oculus Linkの画質設定、PC側で変更可能に | Mogura VR

MoguraVR

Oculus Questの使用率がさらに増加 Steam、VRデバイス利用状況調査 | Mogura VR

Oculus Questの使用率がさらに増加 Steam、VRデバイス利用状況調査 | Mogura VR

MoguraVR

(参考)Road to VR

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました