VR上で「バーチャル学会2020」開催、暦本純一氏やGOROman氏も登壇

未分類
この記事は約2分で読めます。

VR空間での学会「バーチャル学会2020」が12月12日(土)に開催されることが発表されました。会場はVRソーシャルプラットフォーム「cluster」や「VRChat」。clusterで基調講演や口頭発表、VRChatではポスター発表が行われます。

バーチャル学会はVR空間での学術発表や交流を通じてVR空間での価値創造をアカデ ミックの面から促進する取り組みです。基調講演では、東京大学情報学環教授でソニーコンピュータサイエンス研究所フェロー・副所長である暦本純一氏、株式会社エクシヴィ 代表取締役社長のGOROman氏が登壇します。講演はYouTube Liveによる配信も行われ、コメントを通じて質問を受け付ける予定とのことです。

バーチャル学会の公募情報を含めた事前説明会が開催

8月1日(土)20時には、バーチャル学会の紹介や口頭発表およびポスター発表の公募などを説明する事前発表会が開催されます。会場はclusterとYouTube Liveです。

バーチャル学会概要

会期

2019年12月12日(土)13:00~23:00

プラットフォーム

cluster(基調講演,口頭発表),VRChat(ポスター発表)

公募開始

2020年9月1日(火)

公募締め切り

2020月10月1日(土)

公式サイト

VirtualConference2020

(参考)バーチャル学会2020

タイトルとURLをコピーしました