12カ月続くVRファッションショー「The Fabric Of Reality」が開催、7月末から

未分類
この記事は約2分で読めます。

2020年7月29日より、VRファッションショー「The Fabric Of Reality」が開催されます。およそ12カ月間運営され、VRで美術館に行けるソーシャルアプリ「Museum of Other Realities」内で行われる予定です。

本イベントは米ベライゾンメディアのイマーシブ・コンテンツ部門であるRYOT、およびファッションイノベーションエージェンシーのKaleidoscopeとの提携によるものです。

著名ファッションデザイナーとVRクリエイターのタッグ

「The Fabric Of Reality」では、Charli Cohen氏など3人の著名ファッションデザイナーがVRクリエイターとコンビを組み、それぞれのショーを制作します。Kaleidoscopeによれば、これは「次世代のファッションショー」と呼べるものになるだろう、とのこと。参加デザイナーの詳細は以下の通りです。

Damara
ファッションメディアの実践者で、デジタルと現実世界の境界を曖昧にすることで、デジタルファッションの探求と持続可能性のための、ポジティブな変化を作り出します。Damaraは「レディー・プレイヤー・ワン」などのVRアートを手掛けたSutuと提携します。

SABINNA
伝統的な手工業品とイノベーションを組み合わせることで、時間を超越したコンテンポラリーな作品を作り出すデザイナー。ファッションを我々の心と体を再接続するツールになることを示します。SABINNAは、「Tilt Brush」などの“新ツール”とこれまでのソフトウェアを組み合わせて創作活動を行っているVRHUMANと提携します。

Charli Cohen
デザイナー兼活動家。ファッション業界における次のステップと進歩に重点を置き、物体に根差す意味のあるストーリーを伝えます。Charliは、イラストレーター兼アニメーターのAna DuncanやJohn Orion Youngと提携します。

開催は「VR美術館」

「The Fabric Of Reality」の舞台となるのは、ソーシャルVRアプリ「Museum of Other Realities」。価格はOculus Store版が1,990円、Steam版が2,050円となっています。なお、発表によれば、「The Fabric Of Reality」は無料で入場できるとのこと。

VR美術館「Museum of Other Realities」が正式リリース、大規模アップデートも | Mogura VR

VR美術館「Museum of Other Realities」が正式リリース、大規模アップデートも | Mogura VR

MoguraVR

(参考)VRScout

Mogura VRはVRScoutのパートナーメディアです。

タイトルとURLをコピーしました