スマホ1台で顔の動きを反映 Epic GamesのiPhone向けアプリ

未分類
この記事は約2分で読めます。

Epic Games社の手掛けるゲームエンジンUnreal Engine(UE)から、iOS向けアプリがリリースされました。スマートフォンだけでユーザーの顔の動きを読み取り、リアルタイムでバーチャルキャラクター等に反映するツールです。

自宅からモーキャプスタジオまで

このアプリは「Live Link Face」。アップルのARプラットフォームARKitとiPhoneのTrueDepthカメラを用い、ユーザーの顔の動きを読み取ります。データはLive Link経由でUnreal Engineに転送され、コンテンツとして編集が可能です。自宅からプロの映像スタジオまで、あらゆる制作シーンで使えるツールを謳います。

チームでの編集も個人作業も可能

アプリの特長は、複数人での編集を実現する操作性です。Live Linkのデータは複数の機器に転送可能なため、編集作業が同時並行で行えます。また他のカメラやモーションキャプチャーデバイスと同期させたり、外部のアプリを用いて複数のiPhoneを同時に操作することも可能です。

一方で、頭や首の動きを含めiPhone1台でトラッキングできることから、机に向かってデジタルアバターを動かしつつ一人で編集を行う、という使い方もできます。撮影画像だけでなくブレンドシェイプのデータも記録できる点は、微調整を行うために有効です。

アプリはiOS13.0以降に対応しています。ダウンロードは無料でこちらから。利用方法の詳細はこちらの公式サイトで紹介されています。

(参考)Unreal Engine

タイトルとURLをコピーしました