9月開催の「CEDEC 2020」 基調講演およびタイムテーブルが公開

未分類
この記事は約2分で読めます。

9月開催予定のゲーム開発者向けカンファレンス、「CEDEC 2020」の基調講演およびセッションタイムテーブルが公開されました。開催期間は9月2日から4日まで、本年はオンライン開催となります。

CEDEC 2020の基調講演は、東京大学名誉教授で東京大学先端科学技術研究センター サービスVRプロジェクトリーダーの廣瀬通孝氏が登壇。タイトルは「ポストコロナ社会とVRとゲーム」。コロナ禍がVR研究に与えるであろう新しい淘汰圧に関して述べたうえで、現在東京大学VR教育研究センターで進行中のサービスVRとオンラインVR研究を例題として、今後のVR技術の方向性について語られます。

なお、基調講演は会期中のセッションのオンラインライブ配信と、9月3日から9月14日までのタイムシフト配信の両方の視聴ができる「CEDEC2020パス」で視聴できます。

ゲーム中心の開発者向けカンファレンス「CEDEC」

「CEDEC」はCESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)が主催するゲーム等の開発者向けの技術交流イベント。

CEDEC 2020は新型コロナウイルスの影響を受け、現地での開催を中止し、オンラインで機開催されます。CEDEC 2020のテーマは「Brand New!」。年末に予定されている次世代ゲーム機の登場を控え、コンピュータエンターテインメントは新たな変革の時期を迎えているとして、この時流を表現した形となります。

基調講演: ポストコロナ社会とVRとゲーム/廣瀬通孝氏

「VRの応用分野としてだれもが思い浮かべるのがゲーム・エンターテインメントである。しかし今後はシリアスな産業を中心に新しい応用展開が期待されている。今回のコロナ禍は、社会に大きな変革をもたらすといわれており、その変化は我々の予想を超えるものになるだろう。本講演では今回のコロナ禍が VR研究に与えるであろう新しい淘汰圧に関して述べたうえで、現在東大 VR 教育研究センターで進行中のサービス VR とオンライン VR 研究を例題として、今後の VR 技術の方向性について、ゲームやエンターテインメント産業への期待も含めて考えてみたい。」

プロフィール:
東京大学大学院情報理工学系研究科教授、バーチャル・リアリティ教育研究センター機構長などを歴任。専門は、システム工学、ヒューマンインタフェース、バーチャル・リアリティ。主な著書に「バーチャル・リアリティ」(産業図書)など。

日 程: 2020年9月2日(水) 9:25~10:45

(参考)CEDEC 2020

タイトルとURLをコピーしました