HoloLens 2を活用した建設業界向けソリューション、日本マイクロソフトら3社が開発

未分類
この記事は約3分で読めます。

日本マイクロソフトは7月6日、大手ゼネコンの長谷工コーポレーション、技術系アウトソーシング事業を手がけるアウトソーシングテクノロジーとともにオンライン共同発表会を開催。3社で共同開発したMRソリューション「AR匠 RESIDENCE」(エーアールタクミレジデンス)を発表しました。

今回発表された「AR 匠 RESIDENCE」はマンションの外壁タイル打診検査のためのソリューションで、建設・不動産業界の生産性改革を推進するものだといいます。

HoloLens 2の活用で全体業務を約30%削減

マンションの外壁は劣化によるゆがみやひび割れ、剥げ落ちなどのリスクがあることから、定期的なメンテナンスが建築基準法で義務付けられています。その一方で、建設業界における熟練技能者の人材不足や昨今の新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、検査業務の省力化・省人化がこれまで以上に求められるようになっています。


(日本マイクロソフトのプレスリリースより。左:HoloLens 2を付けた打診検査の様子/右上:検査記録項目選択画面、右下:タイル浮き入力例)

MRソリューション「AR匠 RESIDENCE」は、Microsoft Mixed Reality パートナープログラム(MRPP)のパートナー認定も取得しているアウトソーシングテクノロジーが開発・提供するデジタルプラットフォーム「AR 匠 MASTER」をベースに、「外壁検査ツール」というアドオン機能を導入し、建設業界に特化した建物点検・報告ソリューションです。

同ソリューションではマイクロソフトのMRデバイスHoloLens 2を活用することで、従来二人一組で行っていた外壁タイル打診検査を一人で行うことができるようになります。また、検査結果に基づく報告書作成作業も自動化することで、全体業務の約30%を削減できるとしています。さらに検査記録の保存にはマイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」が使われるなど、ここでも3社共同開発のメリットが発揮されています。

[HoloLens 2]長谷工&アウトソーシングテクノロジー事例 MR を活用した建設・不動産業界の生産性改革 | 日本マイクロソフト
株式会社 長谷工コーポレーション、株式会社アウトソーシングテクノロジー、日本マイクロソフトが連携し、最先端のデジタル技術を活用した、建設・不動産業界における生産性改革を目指す取組みについての事例ビデオです。 マイクロソフトの HoloLens 2 と Microsoft Azure 、長谷工とアウトソーシングテク...

ソリューションの機能向上・活用範囲の拡大も予定

共同発表会に登壇した日本マイクロソフト 執行役員 常務 クラウド&ソリューション事業本部長 兼 ワークスタイル変革推進担当役員の手島主税氏は、建設・不動産業界におけるMRソリューション市場について、「日本のみならず、世界中のファーストラインワーカー(現場の最前線で働く従業員)の方々のデジタル活用、ひいては新しい働き方の実現は今後も急速に拡大していくと認識している。日本の建設・不動産業界のファーストラインワーカーも、デジタル活用によって現場における要求水準の高まりに応えていけるよう、弊社も支援を拡大していく」とコメントしました。

長谷工コーポレーションでは今後もAR 匠 RESIDENCEの改良を重ね、建物診断だけでなく、修繕工事中・建設工事中の建物の施工・点検作業などにも活用範囲を広げていきたいとのこと。また、劣化状況の分析など、Microsoft Azureを利用してクラウド上に収集するデータの活用も進めていくとしています。一方、アウトソーシングテクノロジーは、同社のAI技術を活用して、点検データの傾向分析や外壁の劣化検出機能の実装も予定しています。


(HoloLens 2を装着してオンライン記念撮影を行う3人の登壇者)

日立とMSが戦略的提携、HoloLens 2など活用で生産性向上 | Mogura VR

日立とMSが戦略的提携、HoloLens 2など活用で生産性向上 | Mogura VR

MoguraVR

国の規格もクリア、HoloLens 2を搭載したヘルメット一体型デバイスが発売 | Mogura VR

国の規格もクリア、HoloLens 2を搭載したヘルメット一体型デバイスが発売 | Mogura VR

MoguraVR

「HoloLens 2」と建築向けソフトのセット販売がスタート | Mogura VR

「HoloLens 2」と建築向けソフトのセット販売がスタート | Mogura VR

MoguraVR

(参考)AR匠日本マイクロソフト 公式プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました