株式会社CyberVが解散……複数のVTuberを稼働するシステムなど運用

未分類
この記事は約2分で読めます。

VTuber(バーチャルユーチューバー)やVRイベントの運営事業を行ってきた株式会社CyberVが、6月30日をもって解散したことが官報(2020年7月6日号外 第140号)より明らかになりました。

サイバーエージェントグループの子会社、18年設立

CyberVはサイバーエージェントグループ・株式会社CyberZの子会社で、バーチャルストリーマー事業に特化した新会社として2018年4月3日に設立。バーチャルキャラクターの開発・運用や3DCG制作事業、VRコンテンツ開発事業、VRイベント運営事業などを行ってきました。


(RAGE バーチャルYouTuber GRAND PRIX ~2018 Autumn~より)

国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」で開催された「RAGE バーチャルYouTuber GRAND PRIX」や、音楽ライブプロジェクト「バーチャル音楽フェス」などでは、複数人のVTuberたちを稼働するシステムを構築・運用しており、CEDEC2018にてRAGEで採用された技術や課題を明かしています。

eスポーツイベントでVTuber7名が共演、それを支えた技術と舞台裏【CEDEC2018】 | Mogura VR

eスポーツイベントでVTuber7名が共演、それを支えた技術と舞台裏【CEDEC2018】 | Mogura VR

MoguraVR

なお、CyberVから株式会社Chiseyに運営が引き継がれていたVTuberアズマリムさんは、個人VTuberとして活動を再開することが本人およびChisey代表のTwitterにて発表されています。

(参考)官報株式会社CyberV 公式サイト株式会社CyberZ プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました