“AR時代の自撮り”を体験、MESONと博報堂グループが公開

未分類
この記事は約2分で読めます。

株式会社MESONと株式会社博報堂DYホールディングスは、AR時代の自撮りコミュニケーションをコンセプトとした「mirr(ミラー)」を開発。クローズドβ版の提供を開始しました。

「mirr」はARグラス時代の自撮り体験の再定義、写真を介したAR空間内のコミュニケーション」をコンセプトとした写真投稿・共有体験です。AR空間にもう一人の自身を配置し、3DCGによるデコレーション素材を周囲に配してMRグラスで撮影することで、写真を友人や家族にシェアできます。

街角のスナップ写真が現実空間に重ねられたAR空間上に蓄積していくことで、街が自分や友達とのフォトアルバムとなり、そこに時間を超越したコミュニケーションが生まれることが期待されています。

VRで体験できるクローズドβ版提供開始

mirrは東急株式会社が運営する渋谷キャストの3周年イベントにおけるデモ展示を目標に開発されていましたが、新型コロナウイルスの影響によりデモ展示が中止。そこで、VR上に渋谷キャストを再現した「バーチャル渋谷キャスト」においてmirrを体験できるクローズドβ版が公開されました。

mirrクローズドβ版体験については体験の申込みはこちらです(クローズドβ版体験はAR/VR開発者・研究者など業界関係者、学生、およびメディアに限られています)。

mirr | 体験説明動画
mirrは、「ARグラスが普及した時代の新しい自撮りコミュニケーション体験」をテーマに制作された、バーチャルな渋谷キャストを舞台にした写真投稿・共有体験です。 AR空間にもう一人の自身を配置し、周囲に3DCGによるデコレーション素材を配してARグラスで写真撮影をすることで、個性豊かな写真を友人や家族にシェアするこ...

(参考)株式会社MESON プレスリリース

タイトルとURLをコピーしました